庭木の雑草が思わぬ被害を生む……?〜草むしりで問題解決!〜

庭木の生長を脅かす雑草はすぐに処理しよう

手入れを行なわないことの問題

庭の草むしりや剪定をしないでいると、庭木だけでなく、目には見えない部分にあらゆる影響が及ぶ恐れがあります。場合によっては近隣住民へ被害を与えてしまう可能性もあるのです。

庭木の手入れに適した時期

手入れをしないために雑草が至るところに生えた状態の庭は、周囲の環境や人に大きな悪影響を及ぼします。それを防ぐには、やはり草むしりをはじめとした除草作業が最も効果的なのです。心地よい時間を別荘で過ごすためにも、庭の手入れはこまめに行なうようにしましょう。

庭木の手入れは、適した時期や正しい方法で行なわないと庭木を逆に弱らせてしまう恐れがあります。草むしりにしろ剪定にしろ、最低限の知識を備えておきましょう。

庭木の手入れには、適した時期というのがあります。庭に植木を植えている場合、まず植木の種類を把握しましょう。針葉樹や落葉樹、常緑樹、それぞれ剪定の時期が異なります。例えば針葉樹の場合、葉が落ちる4〜5月に剪定を行ないます。ただ、植木の種類や適した時期などを把握するのは、結構な手間を要します。業者に依頼すれば、最適な時期に正しい方法で作業をしてくれます。